訪日韓国人 訪日香港人-特徴-違い

訪日韓国人と訪日香港人の特徴の違いについて比較してみた

訪日コネクト 次世代インバウンドサイト

韓国人観光客と香港人観光客の特徴の違い

訪日コネクト-インバウンド部署責任者

ざーぼんさん、前回は訪日韓国人と訪日台湾人の特徴の違を教えてもらったと記憶してマース!!

次は訪日韓国人と訪日香港人の特徴の違いについて比較しながらまとめていきたいデース!!

訪日コネクト-インバウンド専門家-着物

今度は香港人観光客との違いについて知りたいというわけですね!!

ではさっそく韓国と香港を比較しながら話を進めていきましょう^ ^

ちなみに、訪日韓国人の特徴についてあんまり覚えていないという方は、こちらの記事で詳しく解説してありますので、是非ご確認の上進めてください^ ^

訪日韓国人の特徴とは?これから韓国人観光客の対策をされる方に向けて韓国インバウンド専門家がまとめてみた

基本的な事項に関する訪日韓国人と訪日香港人との比較

訪日コネクト-インバウンド専門家-着物

ではまずは基本的な事項について比較形式で大枠を把握するところから初めてみましょう^ ^

項目 訪日韓国人 訪日香港人
2018年の年間訪日数 7,539,000人 2,207,900人
2019年9月までの訪日数 4,934,233人 1,660,899人
人口(2018年) 5,161万人

(韓国統計庁より)

748万人

(政府統計より)

言語 韓国語 広東語

※文字は「繁体字」

人気のシーズン 12月〜2月 6月〜8月
リピーター割合 高い 高い
代表的な長期連休 ✅旧正月(2月初旬)

✅秋夕:9月中旬頃

※冬休みが長く、12月末〜2月初旬まで休み

✅春節(1〜2月頃)

✅国慶節(10月)

(出典:JTB総合研究所)

訪日コネクト-インバウンド部署責任者

Oh〜!

こうみると色々なことが見えてきマスネ!

訪日コネクト-インバウンド専門家-着物

そうですね!

例えばどんなところが気になりました??

訪日コネクト-インバウンド部署責任者

例えば、2018年の訪日人数でいうと、韓国の方が3倍以上も多くきてるんだって驚きデス。

でも、そもそも人口の数が圧倒的に韓国の方が多いので、国民全体のうち日本に行っている率でいうと、

香港の訪日率はびっくりなくらい高いんだなっていう部分が驚きデシタ!

訪日コネクト-インバウンド専門家-着物

なるほど!

それは中々いいところに気がつきましたね!

香港は富裕層が多いことで有名な国ですが、お金に余裕があると海外旅行に行くことが増える傾向にあると言われている通り、

香港人は大の海外旅行好きで、特に日本は最も人気のある観光地になっていますね!

訪日コネクト-インバウンド部署責任者

そうなんデスネ!

韓国人は若者のリピーターが多いということでしたが、香港人はどうなんデスカ??

訪日コネクト-インバウンド専門家-着物

香港人もかなり訪日リピーターが多いのが特徴ですね!

初めて日本を訪れる人の割合も韓国と同程度で、ほとんどが訪日2回目以上のリピーターになっています!

 

日本旅行の検索手段に関する訪日韓国人と訪日香港人との違い

訪日コネクト-インバウンド専門家-着物

訪日韓国人についてはこちらの記事で説明しているので、こちらを参照してください^ ^

韓国人観光客の特徴をわかりやすく中国人観光客の特徴と比較してみた

 

訪日コネクト-インバウンド部署責任者

国によってGoogle・Yahoo!など、メインで使ってる検索エンジンが違うと思うんですけど、

香港ではどのような検索エンジンやSNSが使われているのかについて教えてクダサイ!!

訪日コネクト-インバウンド専門家-着物

わかりました!訪日外国人に対するアプローチとして旅前の時点で集客をできるというのは大きな強みになるため

旅前の集客に当たって関係してくる検索エンジンやSNS等について理解することはすごく大事です!

韓国は上記のリンク先の記事で説明しているので詳細は割愛して、

香港のメイン検索エンジン・SNSは以下の通りです。

香港人

メイン検索エンジン・SNS等

検索エンジン:Google、Yahoo!

SNS:Facebook、Instagram、微信(ウィーチャット)、WhatsApp

その他:樂吃購!日本(ラーチーゴー!日本)

特徴

台湾と同じく香港も、中国の様にGoogleやYahoo!、Instagram、Facebook、Twitterなどの利用制限がないため、

検索エンジンやSNSについては日本と似た様な状況となっています。

訪日専門メディアとして「樂吃購!日本(ラーチーゴー!日本)」が大きな影響力を持っているのは台湾で説明した通りです。

訪日コネクト-インバウンド専門家-着物

検索エンジンとして、韓国はNaverをメインにしていてGoogleやYahoo!はほとんど利用されていないという点は大きいですね!

GoogleやYahoo!が使われているということは、ある程度日本のサイトの多言語対応などで効果が期待できますしね^ ^

 

食事に関する訪日韓国人と訪日香港人との違い

訪日コネクト-インバウンド部署責任者

食事に関してはどんな違いがありマスカ?

訪日コネクト-インバウンド専門家-着物

食事については、香港人の飲食費は平均よりも高めで、以下の料理が人気です。

また、富裕層が多いということもあり舌が超えているため、日本の料理が人気だからと言って油断は禁物です。

香港人

人気の料理

1位:肉料理

2位:魚料理

3位:らーめん

訪日コネクト-インバウンド部署責任者

この他にも何か特徴ってありマスカ??

訪日コネクト-インバウンド専門家-着物

それ以外の特徴としては、食前食後に暖かいお茶を飲むのが好まれており、冷たいものは飲まないという傾向があります。

また、レンゲと箸を併用するため、レンゲを常備しておくといいですね!

夕食後に、さらに夜食を食べる文化もあるため、夜食客を狙った作戦もいいかもしれません。

誰と行くかに関する訪日韓国人と訪日香港人との違い

訪日コネクト-インバウンド部署責任者

香港人って韓国みたいに2人客が少なくて家族などの大勢で来てるイメージがアリマス!

このあたりについても教えてクダサイ!!

訪日コネクト-インバウンド専門家-着物

わかりました!

同行者の傾向としては主に以下となっています!

香港人

1番多い同行者:家族・親族

2番目に多い同行者:友人やカップル

特徴:個人主義的な傾向が強く、団体ツアーの利用率は極めて低いです。

訪日コネクト-インバウンド部署責任者

なるほど、やっぱり家族旅行で日本を訪れる方が多いということデスネ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は訪日韓国人と訪日香港人との違いについて説明しました。

この他にも多くの違いはありますが、まずは上記の内容について抑えておくだけでもインバウンド対策に十分に役立つかと思います。

 

では今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました^ ^

訪日韓国人 訪日香港人-特徴-違い
最新情報をチェックしよう!
>インバウンド対策メディア「訪日コネクト」

インバウンド対策メディア「訪日コネクト」

日本は今後も訪日外国人客増加に向けて全力で取組むと公表しており、世界人口増加も相まって更に訪日外国人客が増加していくことはほぼ確定的です。
しかし、訪日外国人に向けたアプローチができているお店はかなり少ないのが現状です。このメディアは、そんな会社やお店に役立つコンテンツを発信しています。